育児と家事の時間を確保する方法

共働きの状況で悩んでしまうことの一つに残業への対応があります。両親とも定時で帰社できないということになれば、家事や育児に充てられる時間が少なくなってしまいます。特に、小さい子供がいる家庭の場合は、家に子供だけの時間を作ってしまうということで、不安や心配を感じながら働くことになってしまいます。成長する毎に不安や心配は小さくなりますが、現時点で子供が小さい場合は、どのような方法で対処すべきなのか考える必要があります。

共働きで残業に対応する場合、どちらかは定時で帰社できるように調整しながら働く必要があります。夫と妻の両方の帰りが遅くなってしまうと、親が不安や心配を感じている以上に、子供は不安や心配を感じています。きちんとどちらかが定時で帰社し、子供の面倒を見ることができれば、子供の不安や心配を最小限に抑えることができます。ベストなのは、定時で必ず帰社可能な企業で働くことです。

現時点で対応することを考えると、夫か妻のどちらかが定時で帰宅できるように仕事のペース配分をすること、場合によっては早く切り上げることが重要です。どちらも正社員で働いている際は、特に考えることが求められます。正社員に比べてパート、アルバイトという雇用形態であれば、もちろん非正規雇用で働いている方が定時で帰社できる可能性は高いため、家事や育児の時間を増やすことができます。収入は必然的に減ってしまうかもしれませんが、子供と過ごす貴重な時間は取り戻せません。どうしても正社員で活躍したいのなら、会社に事情を説明して、短時間正社員にしてもらう等の対応を取ってもらうように掛け合いましょう。

◆オススメリンク>>>《残業を減らすコツとは

Write a comment: